【速報】ケンカバトルロワイアルの対戦結果速報!対戦カードは?【喧嘩自慢】

2022年6月22日よりYouTubeでケンカバトルロワイヤルが配信されました。
この記事ではケンカバトルロワイアルの対戦カードから対戦結果についてまとめさせていただきます。

目次

ケンカバトルロワイアル[シーズン1]出場者一覧

ケンカバトルロワイヤルシーズン1では出場者は全16名です。
16名の簡単なプロフィールを紹介します。

エントリーNo1

鈴木潤
引用:ケンカバトルロワイアル
名前鈴木潤
年齢40歳
職業料理人

夢はブレイキングダウンに出て、今出てる人たちをぶっ飛ばすこと。

エントリーNo2

ジーニアス
引用:ケンカバトルロワイアル
名前ジーニアス
年齢31歳
職業バーテンダー

刺激が欲しくて参加。バーテンダーを行っており、繁盛させたい。今回友人と参加している。友人はおっきー。

エントリーNo3

おっきー
引用:ケンカバトルロワイアル
名前おっきー
年齢31歳
職業ジム経営者

キックボクシングやジムなどを経営。経営しているジムでもケンカバトルロワイヤルのような企画をやりたいので、認知のためにも参加して勝利していきたい。

エントリーNo4

VICARAW
引用:ケンカバトルロワイアル
名前VICARAW
年齢21歳
職業ラッパー

実家に札束をバーンと置きたい。仲間や彼女に恩返しをしたい。

エントリーNo5

引用:ケンカバトルロワイアル
名前佐藤凌汰
年齢28歳
職業

若いころは1週間に1回、喧嘩をしていた。

エントリーNo6

SATORU
引用:ケンカバトルロワイアル
名前SATORU
年齢25歳
職業ラッパー

ブラジル出身のギャングスタラッパー。刑務所入りは片手を超えている。

エントリーNo7

引用:ケンカバトルロワイアル
名前堀川世志人
年齢35歳
職業整骨院オーナー

ラグビーを10年ほどやっていたので、そこらへんのチンピラには負ける気がしない。

エントリーNo8

斎田右京
引用:ケンカバトルロワイアル
名前斎田右京
年齢20歳
職業自営業

ノリでケンカバトルロワイアルに参加。夢は特にない。

エントリーNo9

引用:ケンカバトルロワイアル
名前原田温人
年齢22歳
職業

新米パパで、子供思い。賞金は子供のため、妻のために使いたい。

エントリーNo10

前原たいが
引用:ケンカバトルロワイアル
名前前原たいが
年齢25歳
職業工場勤務

喧嘩及び格闘技経験はないが、強さはセンスだと思っている。

エントリーNo11

引用:ケンカバトルロワイアル
名前北村充人
年齢28歳
職業料理人

喧嘩は一度も経験なし、柔道の黒帯経験者。青汁王子の知り合い。

エントリーNo12

バン仲村
引用:ケンカバトルロワイアル
名前バン仲村
年齢45歳
職業経営者

過去に瓜田純士をボコボコにしたという話題沸騰中の人物。ブレイキングダウンオーディションにも参加。ダークな過去を持つが、陽気な印象もある。

エントリーNo13

ワンエンポン
引用:ケンカバトルロワイアル
名前ワンエンポン
年齢24歳
職業ホスト

ワンエンポンは本名(王 遠朋)。中国人。大阪ミナミRESISTANCEのホスト。日本一のホストにしたい。

エントリーNo14

前田真也
引用:ケンカバトルロワイアル
名前前田真也
年齢32歳
職業

暴走族出身で昔は大乱闘をした経験を持つ。

エントリーNo15

佐藤純樹
引用:ケンカバトルロワイアル
名前佐藤純樹
年齢32歳
職業自営業

新潟でクロスオートの格闘技チャリティーイベントをやっており、そのクロスオートを広めるために参加。「喧嘩は駄目です。」とケンカバトルロワイアルに参加者とは思えぬ一言が印象。

エントリーNo16

エマニエル怜弥
引用:ケンカバトルロワイアル
名前エマニエル怜弥
年齢32歳
職業ホスト

ワンエンポンと同じく、大阪ミナミRESISTANCEのホスト。日本一のホストにしたい。

ケンカバトルロワイアル[シーズン1]対戦カードと結果速報

ケンカバトルロワイヤル[シーズン1]は2022年8月8日現時点では全ての試合結果が出ていません。
試合結果がわかり次第随時更新します。

第1試合 エントリーNo1 鈴木潤 vs エントリーNo4 VICARAW

始まり早々、激しい攻防でVICARAWさんの左フックが鈴木潤さんの顎を捉えダウン。起き上がるもすぐに右フックが顔面を捉え2回目のダウン。その後も 鈴木潤さんは粘りますが、VICARAWさんの大振りの右フックを受け3回目のダウンをしてしまい、VICARAWさんのTKO勝利です。

VICARAW TKO勝利

第2試合 エントリーNo5 佐藤凌汰 vs エントリーNo7 堀川世志人

佐藤凌汰さんの激しい猛攻に堀川世志人さんは手も足も出ない様子で、3回ダウンをとられてしまい、佐藤凌汰さんのTKO勝利です。

佐藤凌汰 TKO勝利

第3試合 エントリーNo6 SATORU vs エントリーNo10 前原たいが

SATORUさんの凄まじい破壊力のパンチに前原たいがさんはやや防戦一方。一撃一撃が非常に重く、何度かダウンを奪われるも判定にてSATORUさんの判定勝ち。実力差が圧倒的でしたが、前原たいがさんはSATORUさんを前に判定まで持ち込んだ素晴らしい精神の持ち主だなと感じました。

SATORU 判定勝利

第4試合 エントリーNo14 前田真也 vs エントリーNo2 ジーニアス

両者拮抗した戦いでほぼ互角な印象。お互い手数もそこまで出ず、ドロー。延長戦では、スタミナ切れな両者でしたが、ジーニアスさんがやや攻撃がHITしていたイメージ。判定勝ちでジーニアスさんが勝利しました。

ジーニアス 判定勝利

第5試合 エントリーNo8 おっきー vs エントリーNo9 北村充人

おっきーさんが北村充人さんを圧倒。一方北村充人さんは防戦一方で、手数も少なく、後半におっきーさんの右ストレートが顔面を捉えダウン。その後、特に巻き返しもなく、判定にておっきーさんが判定勝ちで勝利を収めました。

おっきー 判定勝利

第6試合 エントリーNo5 斎田右京 vs エントリーNo7 原田温人

お互いの様子を伺いながら両者拮抗で攻防。クリーンヒットが両者なくドロー。 原田温人さんの方が背丈もあり、リーチも長い感じです。また、パンチも何度か斎田右京さんにあてており、延長戦では、 原田温人さんが判定勝ちを収めました。

原田温人 判定勝利

第7試合 エントリーNo12 バン仲村 vs エントリーNo13 ワンエンポン

開始早々、ワンエンポンさんに攻めさせる挑発をし、猛攻が終わると、次にバン仲村さんの猛攻で、ワンエンポンさんはダウンを奪われます。その後も、バン仲村さんのパンチが顔面を捉えるもドロー。延長戦では、バン仲村さんはややスタミナ切れを隠せませんでしたが、パンチを当てていきます。全体的に有効打を当てたバン仲村さんが判定勝利を収めました。

SATORU 判定勝利

第8試合 エントリーNo5 佐藤凌汰 vs エントリーNo2 ジーニアス

対格差があり、第1試合から圧倒的な力を見せつける佐藤凌汰さん。第8試合でも圧倒的な力の前にジーニアスさん手も足も出ない様子。3回のダウンを奪い、またも佐藤凌汰さんがTKO勝利でした。

佐藤凌汰 TKO勝利

第9試合 エントリーNo6 SATORU vs エントリーNo3 おっきー

両者一斉に攻めますが、SATORUさんの左か右が直撃して、おっきーさんはリングに沈み、ドクターストップとなり、SATORUさんの一撃KO勝ちとなりました。この衝撃的なKO劇ですが、動画を何度スローモーションで見ても、ちょうどカメラのアングルが変わる瞬間で、どのパンチがおっきーさんを直撃したのかわかりませんでした。

SATORU KO勝利

第10試合 エントリーNo15 佐藤純樹 vs エントリーNo16 エマニエル怜弥

両者実力が拮抗している感じでした。ややエマニエル怜弥さんの方がパンチを繰り出していましたが、佐藤純樹さんもガードを砕くことはできず、ドロー。延長戦でもお互い拮抗した戦いに見えましたが、佐藤純樹さんの方が体格が大きく、一撃の重さから判定で佐藤純樹さんが判定で勝利しました。

佐藤純樹 判定勝利

第11試合 エントリーNo4 VICARAW vs エントリーNo9 原田温人

お互いパンチが見えており、両者パンチやキックを出すも有効打を出すことができず、ドローになりました。延長戦では、原田温人さんのパンチが当たっているような気もしましたが、判定ではVICARAWさんが判定勝利しました。なお、この試合より延長戦では1分となりました。

VICARAW 判定勝利

第12試合 エントリーNo12 バン仲村 vs エントリーNo15 佐藤純樹

初回から両者激しい打ち合いから始まりました。バン仲村さんのラッシュも凄まじかったですが、佐藤純樹さんも落ち着いて応戦してました。1R目はドローです。すでにバン仲村さんスタミナに限界が見えます。延長戦では、1Rほどの攻防はなかったものの、判定でバン仲村さんが勝利を収めました。

バン仲村 判定勝利

第13試合 エントリーNo5 SATORU vs エントリーNo15 佐藤凌汰

個人的には一番楽しみな対戦カード。TKO、KO勝利を収めてきた両者です。激しい打ち合いの中、SATORUさんのパンチが佐藤凌汰さんの顔面を捉え、1回目のダウン。佐藤凌汰さんも猛攻な反撃をしますが、SATORUさんのパンチが適格に顔面を捉え2度目のダウンを奪われます。佐藤凌汰さんよろめきながらも、最後まで戦い、2回のダウンを奪ったSATORUさんの判定勝利となりました。

SATORU 判定勝利

【2022/8/17追記】第14試合 エントリーNo12 バン仲村 vs エントリーNo4 VICARAW

バン仲村さんとVICARAWさんの準決勝です。両者背丈は同じぐらいで、体格はバン仲村さん、スタミナ面ではVICARAWさんといったところでしょうか。初回のラウンドでは、両者激しい殴打から始まりました。両者同じぐらいの手数、ダメージだったのでしょうか。初回のラウンドは引き分けです。延長戦ではスタミナが有利だと思っていたVICARAWですが、バン仲村さんと同じぐらい激しく疲労がみえ、両者拮抗した戦いでしたが、バン仲村さんが判定勝利を収めました。準決勝とも言えるべく、見応えのある戦いでした。

バン仲村 判定勝利

ケンカバトルロワイアル[シーズン1]まとめ

いかがでしたでしょうか。
新しい番組のため、まだ調べても中々一覧で対戦カードや結果を見ることができないのをできるだけ見やすく、紹介してみました。

まだスタートしたばかりの番組ですが、今後の対戦結果なども逐一お届けしていきたいと思います。
今後、シーズン2なども是非やってほしいのと、優勝者と有名な格闘技選手との対戦などもあったら面白いかもしれませんね!決して素人では実現できない対戦カードなども実現できたり!?

乞うご期待です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次